一葉記念館で下谷龍泉寺町転居125年記念特別展 「下谷龍泉寺町(ものがたりのまち)の樋口一葉」を開催

平成30年は樋口一葉が下谷龍泉寺町に転居してから125年という節目の年にあたります。
一葉は家族とともに荒物駄菓子屋を営みながら過ごした日々の中で「たけくらべ」の構想を得ました。名作が執筆されたその背景として、龍泉寺町での一葉についてご紹介します。

◯会期 平成30年11月10日〜平成31年1月27日
◯開館時間 9時〜16時30分(入館は16時まで)
◯休館日 毎週月曜日(月曜祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
◯入館料 一般300円(200円)、小中高生100円(50円)※()内は20名以上の団体料金※障がい者手帳及び特定疾患医療受給者証をお持ちの方とその介助者は無料です。※毎週土曜日は、台東区内在住・在学の小中学生とその引率者の入館が無料です。

関連記事

  1. セミナー風景

    創業・起業のノウハウetc

  2. 明けまして、おめでとうございます。新年は、やっぱり七福神巡りから!

  3. 「文化庁文化交流使フォーラム2019」の開催