おせちの始まりと歴史をチョット

正月のおせち料理の歴史を気になって調べてみました

明けましておめでとうございます。
今回のグルメコーナーでは、読者の皆さんもよくご存じのおせち料理の始まりと歴史を簡単にご紹介致します。

なんと!おせち料理の起源は、弥生時代まで遡ります。
稲作が縄文時代の終わりに中国から日本に伝来したとされ、弥生時代にかけて広まったことで、狩猟中心の社会から農耕中心の社会へと変わり、中国から「節」を季節の変わり目とする暦ももたらされ、節ごとに収穫を神様に感謝して、「節供」といわれるお供え物をする風習が生まれたのです。
「節供」として供えた作物を料理したものは「御節料理」と呼ばれ、おせち料理のもとになったとされています。

弥生時代では風習であったおせち料理が定着したのは、奈良時代から平安時代の時期に、節の儀式が宮中行事として執り行われるようになったことによります。
唐の暦法にもとづいた節目の日である節日に、邪気を祓い、不老長寿を願う儀式として「節会(せちえ)」が催され、「御節供(おせちく)」と呼ばれるお祝い料理が振る舞われました。
特に、五節句の日に開かれる節会は重要視され、五節会と言われていたといいます。

江戸時代になると、五節句は祝日として定められ、幕府の公式行事として位置付けられました。
江戸時代は人日の節句は1月7日、上巳の節句は3月3日、端午の節句は5月5日、七夕の節句は7月7日、重陽の節句は9月9日です。
そして、庶民の間にも「御節供」が民間行事として広まったことで、1年に5回ある節句で豪華な料理がふるまわれるようになっていきました。
そして、五節句のうち新年を迎える最も重要な人日の節句の料理が、正月料理として定着しました。
山や海の幸がおせち料理に取り入れられるようになり、江戸時代後期になると、現代のように料理一つひとつに意味が込められ、新年を祝うために食べるものとなりました。
また、大みそかにおせち料理を作り、お正月に家族揃って食べる風習も生まれています。

そんな、おせち料理の歴史を振り返ると、節といわれる季節の変わり目に神様に収穫を感謝する風習の「節供」が起源であった事がわかります。
そんなことを考えながら2019年新春をおせち料理を食べながら過ごすのも良いかもしれませんね。

関連記事

  1. バレンタインをどう過ごすか 台東区のチョコレート屋さんを尋ねて

  2. 躍る~身も、心も、弾む~

  3. 深川めしの歴史