創業400年の老舗「扇屋」江戸の味を引き継いだ玉子焼きは旨い!

厚焼き玉子

厚焼き玉子江戸時代から、景勝地&行楽地として人気が高かった王子。
当時、音無川沿いには多くの料理屋がひしめいていて、「扇屋」はその一角で料亭を営んでいた。
徳川家三代目将軍家光の時代に初代弥左衛門が農業の傍ら掛茶屋を開業したのがはじまりで現在15代目だ。

さて、現在の「扇屋」は料亭を廃業。
王子駅から音無川の方へ向かって1分ほどのところにある雑居ビルに3坪ほどの店を構えている。
その小さな店舗で玉子焼きこと『厚焼き玉子』の販売を行っている。
調理はビルの3階の厨房でおこなう。
店主いわく「以前は大きな料亭でしたが、現在は小さなお店になり、売っているのは玉子焼きのみ」と語るが、この玉子焼きを求めて、オープン前から店頭に列ができる日も多い。
筆者が訪れた時も、ひっきりなしに「扇屋」の玉子焼きを買おうと人が集まってきて次々と売れていく。
完売前になるとビルの中にある厨房で追加を焼いてホクホクをもってきてくれる。

順番を待っている間に1人のおばあちゃんに出会った。
このおばあちゃんは十条からいつも買いに来るという。
なぜわざわざ来るのか聞いてみると「扇屋さんの玉子焼きを食べるともう他のは食べられない。ほんとおいしいわよ」と。
歴史を紡いできた料亭こそ閉めたが、そのスプリットと味は現在も健在のようだ。

肝心の味は、玉子のコクとちょうど良い甘み、そして口の中に入れるとほんのり鰹だしの香りが広がってとてもおいしい。
かなりうすく何重にも巻いていて、切るとだし汁がジュワーっと出てくる。
それを見るだけで喉が鳴るのだ。

お店の様子

値段は、一折1300円、半折650円と良心的。
2~3人家族であれば半折でも食べ応え十分だ。
自宅用はもちろん、お土産、贈答用としても重宝されている。
店に行っても売り切れている場合があるので、事前に予約を入れてから買いにいくと並ばずに済むようだ。

問合せ・王子扇屋
☎ 03(3907)2567
住所・北区岸町1の1の7 新扇屋ビル1階
営業時間・PM12時~PM9時
休日・不定休

関連記事

  1. ふわとろ生地のたこ焼き いわっち!が2号店をオープン

  2. 深川めしの歴史

  3. 江戸の食の四天王