身体に優しい食材を使ったスムージーカフェ「HimaRi」

店内

店内子育てをしていると、1日1回はどこかで一息つきたくなる。
長居はできない、でも美味しいスイーツを食べて疲れを癒したい、でも、こどもも一緒だし気軽に入ることができるお店じゃないと、と考えるものの、わざわざ遠くに足を伸ばしてまで行く機会と気力がない。

近所にあったらいいのになぁと常々思っているところに、その願いを叶えてくれたのがここ、板橋三丁目にある「HimaRi」。
地元住民が多く訪れるカフェだ。
通りに面してガラス張りになっており店内の様子を見ることができる。

店内に入ると陽が差し込みとても明るい。
ソファー席や子供用のおままごとセットがあり、こども連れママさんたちにも優しいお店。
でもママさんたちだけにではない。
それはメニューをみれば一目瞭然だ。
看板商品は、スムージーとジャースイーツ。
スムージーは添加物を加えておらず、こだわり素材の野菜と果物を、たっぷりまるごと味わえる。
それに加え種類が多い。
身体と相談しながらの一杯を選んで飲むことができるのは、すべての人たちに優しい身体想いのお店だ。
こちらは常温にもホットにもしてもらえるため、これから迎える寒い季節にはホットスムージーがとてもおすすめだ。
少し頂いたが、カップを口に近づけた瞬間に香りが鼻に広がり体内に入る前に気持ちが癒される。
冷たいものとはまた違った楽しみ方ができる。

もう一つ、見逃せないのはジャースイーツやケーキが白砂糖やマーガリンを使用せずに作られている。
「HimaRi」のオーナー、菱沼さんは元パティシエなのでお菓子は本格的な味を堪能できる。
お店でスムージーを飲んで、お土産にお菓子を買って帰れば家族も喜ぶこと間違いない。

またお誕生日ケーキのオーダーメイド注文はもちろんできるが、おすすめは「世界に一つの贈り物」として大切な人のために、とお祝いする人が手作りできるオーダーメイド注文も承っている。
大切な人の喜ぶ顔を想像しながら本格的な美味しいケーキを作る楽しみを提供してくれる。

最後に、8月にお店では子どもたちの職業体験の場として「こどもだけのきっさてん」を企画し実施。
子どもたちが社会の仕組みを学べるようにとの想いだ。
次回は更に発展させたものにしたいと語るオーナーの菱沼さんの、近隣住民、未来のこどもたちのためにと色々な企画をたて活動されているところにも注目したい。

問合せ 「HimaRi」
☎080(1237)3030
住所・板橋3の34の12
営業時間・AM8時半~PM7時
(地域ライター ゆうちゃんママ)

関連記事

  1. 移転した牛丼チェーン1号店は築地にあった

  2. 板橋区商店街の盛り上がりに「こちら板橋べっぴん隊」の存在あり

  3. 板橋ナンバー導入による走る広告塔の図柄が決定!