バレンタインをどう過ごすか 台東区のチョコレート屋さんを尋ねて

バレンタインの日に欲しい相手から手作りのチョコレートをもらった日はただただ嬉しかった記憶がある。
大人になるにつれ、バレンタインに手作りのものをもらう機会は少しずつ減ってきた。
近年のバレンタインはどこどこブランドのおしゃれな包装紙に、中を開けても整った綺麗なチョコレートがフォトジェニックに並んでいる。
作る時間がなかったり、既製品の方が美味しいだろうと気を使ってくれているのかもしれない。

世代なのか時代なのか年々バレンタインのあり方は様々な変容をみせていると感じる。
義理チョコ、友チョコ、逆チョコなど、本命の人に渡す文化から友達にあげたり、男性から女性にあげることもトレンドなった。
2月14日はチョコレートをいろんな人と共有していく日に変わりつつあるのであろうか。
チョコレートも女性が作ったり、買ったりするだけのイベントではなく、バレンタインの時期にバレンタインらしいイベントを様々な人と楽しむイベントがあれば最適ではないだろうか。

有名なチョコレートブランドの各社がしのぎを削ったバレンタイン向けのチョコレートの数々を家族や友人の見て回るのもまた楽しいかもしれない。
そこで気に入ったものがあれば購入し、家に帰ってみんなで食べるのもバレンタインの時期ならではになるのではないだろうか。
それでも本命の人には手作りで日頃の感謝や思いを伝えたいという方も、有名チョコレートブランドの見て学ぶことで、本命の人の笑顔や驚きの顔が見えるかもしれない。
せっかく世間がバレンタインという日を作ってくれたのだから、私たちは私たちなりにバレンタインを楽しんでいけたらと思う。

台東区にお住まいの皆さまは、台東区に関わりのあるチョコレート屋さんを覗いてみてはどうだろうか。
台東区蔵前にあるサンフランシスコ発祥のダンデライオン・チョコレートは、カカオ豆の買い付けから、選別、ロースティング(焙煎)、摩砕、テンパリング、成形、包装まで、すべて自分たちの手で行い、チョコレートを作っている。
こだわり抜いたチョコレートを作り続けているダンデライオン・チョコレートは、蔵前が初の海外出店の場となった。
さらに、蔵前はファクトリーも併設されており、チョコレートを作る工程を見ることができるツアーも企画されている。
チョコレートについて学ぶ入門講座やカカオ豆からチョコレートを作る講座もある充実ぶりだ。
今までよりもチョコレートに詳しくなり、今年のバレンタインデーを迎えてみてはいかがだろうか。

講座のお申し込みは下記記載のHPをご確認くださいませ。

ファクトリー&カフェ蔵前
住所:台東区蔵前4の14の6
電話03(5833)7270
営業時間・10時〜20時(ラストオーダー19時30分)
HP:https://dandelionchocolate.jp/
※店舗には駐車スペースがございません。お近くの駐車場をご利用ください。
※物販のお会計も19時30分までとなります。

関連記事

  1. 厚焼き玉子

    創業400年の老舗「扇屋」江戸の味を引き継いだ玉子焼きは旨い!

  2. 江戸の食の四天王

  3. 台東・浅草「ホッピー通り」で昼飲みを堪能せよ