第1回(第2話)- 寳勝山 南蔵院(板橋区蓮沼町)

御本尊は「十一面観世音菩薩」

本堂で「十一面観音世音菩薩」と対面する里見さん一行。
十一面の仏面は、人々の愚痴を断ち、仏の位を得させる功徳を表すとのこと。
花木住職の説明を受けご本尊に手を合わせる里見さん。

そして本堂で「お寺さん」への想いを語り始める─。

 

 

 

里見さんが見つけた像は 「あの人」が手がけたものだった

里見さんが見つけた像は、あの弘法大師が天長年中相州江ノ島で一万座の護摩修行をなさった時の灰でご自作なされた厄除大師が奉安されていたものだった。
今回登場した弘法大師ご自作の厄除大使でも使われている護摩修行の灰は、古くからご利益がある貴重なものとして大切にされているもの。
花木住職からご説明を受けた里見さんもまさか本物の弘法大師の手がけた像に出会えるとは・・・と目を輝かせる。
弘使大師は「弘法も筆の誤り」のことわざでも有名な真言宗の開祖・空海の別称で、読者の方もご存知のとおり書家や文人など様々な分野でも著名だ。
行基菩薩がお作りになった「阿弥陀如来坐像」もそばに祀られており、花木住職の丁寧な説明に何度も大きくうなずき、熱心に聞き入る里見さんの姿が印象的だった。

今回のゲストは野村将希さん

東京のお寺さんを里見浩太朗さんが訪ねていく今回の番組。
見どころのひとつ「ゲスト対談」では、住職さんと里見さんにゲストが加わり、トークを通してさらなる「お寺さんの魅力」へと迫る。
第1回目のゲストは、あの時代劇でもご一緒だった野村将希さん。
久々に里見さんとお会いする野村さん、思わず「あのセリフ」を口にするところからスタート、そして対談は思わぬ方向へと展開する。
対談内容について、詳細は動画本編をぜひご覧いただきたい。

 

寳勝山南蔵院
板橋区蓮沼町48の8(都営三田線・本蓮沼駅より徒歩3分)
電話:03-3967-7611
メール:info@nanzoin.jp

後援 公益財団法人 全日本仏教会
出演
南蔵院 住職・花木義明
MC・里見浩太朗
ゲスト・野村将希
ナビゲーター・川島ノリコ

関連動画

  1. 第1回(第3話)- 寳勝山 南蔵院(板橋区蓮沼町)

  2. 第1回(第1話)- 寳勝山 南蔵院(板橋区蓮沼町)