平成最後の大晦日を彩る特別な夜に 約12万人が新年を盛大にお祝い

12月31日21時、警視庁による交通規制が開始された。
1時間半後に歩行者に道路を開放すると、新年を渋谷で向かえようと、 「2019」と書かれたグッズや干支の「亥年」を想起させる格好の人々が続々と集まりはじめた。

渋谷スクランブル交差点エリアでは、歩行者への道路開放後、期間限定ボトルの「コカ・コーラ」福ボトル、『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2018-2019』仕様のオリジナルフェルトハットやLEDカチューシャが配布され、平成最後のカウントダウンをハッピーで特別なひとときにしようというムードに包まれていた。
来る「平成最後」の元旦をさらにハッピーで特別なものに盛り上げるアイテムを受け取り、スクランブル交差点に集まった人々のムードも最高潮に達しようとしていた。

23時55分。
スクランブル交差点に面した渋谷駅前の5面の街頭ビジョンで、「コカ・コーラ」のカウントダウンムービーの上映が始まる。
ビジョンにはコカ・コーラ社のCMに出演する綾瀬はるかさん、竹内涼真さん、池田エライザさん、菅田将暉さんが映し出された。
綾瀬さんから「渋谷のみなさん!こんばんは!綾瀬はるかです。盛り上がっていますかー!?さてみなさん、今日は渋谷で、『コカ・コーラ』がおみくじ付きの「福ボトル」を配っていましたが、ゲットできましたか?ちなみに私の「福ボトル」は・・・『ハッピー万来』!みなさんのはなんて書いていますか?年明けの瞬間は、この縁起のいい「福ボトル」でカンパイしましょう!そして!年が明けたらなんと!「Little Glee Monster NEW YEAR LIVE」がありますのでお見逃しなく!今年も残りあとわずか!新年まで思いっきりはじけていきましょう!さあ、あと3分!」と呼びかける。
綾瀬さんに続いて俳優の竹内涼真さんが、「今年、最後の時間が最高な時間になるように、みんなではじけていきましょう!」、女優の池田エライザさん「こんなにたくさんの人と一緒に新年を迎えるなんてワクワクしますね!年明けの瞬間は…そう!みんなで一緒に『♯コークであけおめ!』」。
次は、俳優の菅田将暉さんが、「終わりよければすべてよし!ということで、一年を盛大に締めくくりましょう!」と、多くの著名人から来る新年の訪れを祝うメッセージと共に、期待高まるカウントダウンへの予告がされた。
2019年が間近に迫る中、再び街頭ビジョンに登場した綾瀬さん、竹内さん、池田さん、菅田さんの呼びかけの下、スクランブル交差点では盛大なカウントダウンが始った。
年越しの瞬間は「3、2、1、ハッピーニューイヤー!」とみんなで声を合わせ、集まった全員が一体となった!
街頭ビジョンに新年を祝う映像が流れると、スクランブル交差点はお祝いムード一色に。
配布されたオリジナルのフェルトハットやLEDカチューシャなどを身に着けた人々で「コカ・コーラ」カラーの赤色に染まっていた。
配られた「コカ・コーラ」福ボトルを手にした来街者たちは「#コークであけおめ!」とカンパイしながら、新年を迎えていた。

カウントダウン終了後・・・

『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN』では、実行委員会と協賛社により、未来へ向けたまちづくりのあり方を示すためエコステーションを設置し、ゴミが道路上に散乱するのを防ぐ活動を行っている。
渋谷駅周辺に6ヵ所設置された「コカ・コーラ」エコステーションで回収したPETボトルなどは、今後リサイクルし再利用する予定のようだ。
また、カウントダウン終了後には、3度目となる日本コカ・コーラの有志社員などによるゴミ拾い活動を渋谷駅周辺で行っていた。

日本コカ・コーラ株式会社は、一昨年の第1回から3年連続で『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2018-2019』に特別協賛しました。
今回、「願い」をかなえたいすべてのお客様を「福ワード」で後押しする「コカ・コーラ」福ボトルで、「♯コークであけおめ」のコールとともに特別なカウントダウンを演出することで、家族や友人など大切な人たちと迎える2019年の幕開けを、生涯忘れられない【特別なひととき】になるよう、渋谷区とお祝いしました。
今年は、スクランブル交差点を中心に約12万人が参加し、行く年来る年を盛大にお祝いしました。

関連記事

  1. 東京芸術センター定期演奏会 鈴木椋太ピアノリサイタル

  2. 全国13ホテルで「ブイヤベース& ビーフステーキフェア」開催

  3. 東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」フォーラム