明けまして、おめでとうございます。新年は、やっぱり七福神巡りから!

浅草名所七福神巡り

浅草名所七福神(あさくさなどころしちふくじん)は台東区を中心とし、荒川区も含めて9寺社に祀られている七福神の巡礼札所。今回は、9寺社の神様の紹介を簡単にしていこう。

浅草寺

【大黒天】台所の守護神、授福神にして有福蓄財を司る仏神で大国主命ともいわれ、頭巾を被る・大きな袋を背負う・打ち出の小槌を持つ・米俵の上に座る、といった特徴がある。
金運・財産などにゆかりの深い神様である。

浅草神社

【恵比寿】航海、漁業の神、商売繁盛の神であり、和顔愛語のほほえみたたえ愛敬富財の福徳を授ける神である。
また、烏帽子をかぶり、狩衣を着て右の手に釣竿、左手に大きな鯛を抱き、岩の上に座る、といった特徴がある。

待乳山聖天(まつちやましょうでん)

【毘沙門天】起源は、インド、仏教を守る四天王の一つ多聞天である。
国土守護、勇気授福の仏神として広く信仰されている。甲冑を身に着け、右の手に槍、左の手に宝塔をささげる、悪魔降伏の仏神として知られている。

今戸神社(いまどじんじゃ)

【福禄寿】星神、寿星、南極星または中国嘉祐年間に実在した道士ともいわれ、人望福徳を授ける福神である。
頭は長く、背は低く、白髭童顔の姿をし、人に長寿と幸福を与える福神である。

橋場不動院

【布袋尊】中国五代のころ実在した契此(かいし)という高僧といわれており、大きな腹を出し、大きな袋と団扇を持ち、肥満な福相をし、楽天的な和尚であり、平和安穏、家庭隆盛などを司るといわれている。

石浜神社

【寿老人】中国道教の神または、老子の神といわれているが、延命長寿を司る福神である。
白髪長寿の姿をあらわし、杖を持ち、これに人命長寿の巻物を結びつけ、従える鹿は、長寿の神使とされている。

吉原神社

【弁財天】俗に弁天様と呼ばれ、インドの水・河の女神に由来している。
音楽を司る仏神、弁舌才智の仏神または財宝授与の仏神として、芸道富有の福徳を授ける神で、美しい女性の姿をして琵琶を持っている。

鷲神社

【寿老人】お酉様で有名な神社ある。熊手の出店が出る時は回りが見えないほど大盛況である。
正月は茅の輪も飾られた神社だ。

矢先稲荷神社

【福禄寿】浅草寺より西側に位置する静かなたたずまいの神社である。

様々な楽しみ方ができる七福神巡り

七福神巡りをする際には、御朱印巡りを兼ねている人、散歩、運動、様々な楽しみ方ができる。
実は筆者も毎年、浅草寺に行っているのだが、2018年で15キロ太ったこともあり、2019年は運動がてら、七福神巡りをしようと思う。

台東区には浅草名所七福神を含め、全部で3つのコースがあるというのでそちらも気になるところ。
読書の皆さんも2019年は七福神巡りからはじめてみてはいかがだろうか。

(地域ライター 七福神漬け)

関連記事

  1. 東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」フォーラム

  2. バレンタインはキッザニアで特別な体験を!

  3. 平成最後の吉方は東北東!! 節分の「豆まき」が各地で開催