北区を拠点に活動するエンターテイメント集団〈月の砂漠〉

本格的なホールや多数の多目的スペース、各種会議室や音楽スタジオなどが併設される「北とぴあ」は、北区の産業の発展と区民の文化水準の高揚を目指し建設された北区のシンボル的存在。

〈劇団月の砂漠〉は、北とぴあを活動拠点に置くエンターテイメント集団で来年2019年に旗揚げ10周年を迎える。

劇団の脚本・演出を担当するのは、スカパーで構成作家を務めた経験も持つ代表の増田信氏。
正団員が6名でサポートメンバーが約10名の小劇団でありながら、コメディ舞台の自主公演を中心にお祭りや音楽ライブに出演するなど活動内容は多岐にわたる。

劇団のキャプテンであり、津軽三味線の名取でもある北村夢雀こと椎木友加里さんは、墨田区のFMラジオすみだリヴァーにて「北村夢雀の和っしょいラジオ」のMCも務める。
また、代表の増田氏と団員が出演する「つきさばレディオ」も千葉県のFMラジオ市川うららにて放送されている。
つきさばレディオの収録は、北とぴあにて行われているとのこと。

演劇を初めて観るお客様にも、気軽に笑って楽しんでいただける作品を作ることをモットーとする月の砂漠。
北とぴあにて年2回公演される舞台には、小さなお子様とご一緒のご家族やご年配の方まで幅広い層のファンが訪れる。

11月17日(土)に行われる第14回本公演「リアルニュース」は、思わずクスッと笑ってしまうコメディに少々社会風刺を織り混ぜた長編作品。ジャーナリストを目指す主人公、片岡美羽役に扮するのは、声優で舞台女優の脇本和恵さん。

同劇団の団員及びサポートメンバーは、声優や三味線奏者、日本舞踏家など各方面で活躍するエンターティナーからアマチュアまでとバラエティに富んでおり、社会人・学生、プロ・アマ問わず、常時新規メンバーを募集している。
「18~27歳の若手・初心者は特に大歓迎!また、舞台俳優一本という人より、マルチエンタメ志向で演芸にも興味ある人、特に歓迎致します」とのこと。
あなたも思いきって、北とぴあの舞台に立ってみては。

公演やイベントのご予約、団員募集のお問い合わせなどは「月鯖企画公式ブログ」劇団月の砂漠メールフォームより承っている。

月鯖企画公式ブログ
https://ameblo.jp/tsukisaba-wokashibanashi/
(地域ライター 天野美雪/miyu)

関連記事

  1. 青春五月党「静物画」

  2. 意外と知らない!?渋谷区の地名由来

  3. 中央区民みんなが知ってる! 築地・月島周辺の年始スポットをおさらい