食欲の秋なのに食欲がない「秋バテ」対策の食べものは…

夏の暑さも和らぎ、食べ物がおいしい季節になってきたのにどうも食欲がないという方、秋バテかもしれません。

秋バテとは、季節の変わり目に、急な気温差で体が対応しきれず調子が悪くなってしまうことです。
症状としては、倦怠感、不眠、胃痛、肩こり、むくみ等々になります。
思い当たるところはありませんか。

秋バテの根本にある原因は「冷え」にあるといわれています。
よって対処法の基本は、体を「温める」ことです。
例えば、お味噌汁やスープを積極的に取り入れる、野菜は温野菜にする、飲み物は温かくして飲むなどを心がけるだけでかなり効果はあります。

また、体を温める効果のあるネギやショウガを取り入れた料理を作って食べるのもよいです。
ほか、秋が旬の野菜やサンマなどには疲労感を和らげ、胃腸を整える効果があるのでどんどん取り入れましょう。

食材ではないですが、風呂にゆっくり入り外から体を温めるのもひとつの方法です。秋を楽しく過ごすために生活習慣を見直してみましょう。

(地域ライター 月見団子)

関連記事

  1. 菊花展

    今年も「区民文化祭」を開催!

  2. 店内

    身体に優しい食材を使ったスムージーカフェ「HimaRi」

  3. 江戸川区薬剤師会健康講座 身近な食材で不調を改善!花粉症対策の薬膳