今年の冬至は12月22日(土)かぼちゃと柚子湯で上昇運に転じよう!

冬至(12月21日頃で、固定ではなく毎年変動する)とは、北半球において太陽の位置が1年で最も短い日のこと。
ということは夜が1番長い日ということにもなる。
1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。
そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各国で冬至の祝祭が盛大に行われている。
日本や中国では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力がよみがえってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の『一陽来複』といって、冬至を境に運が向てくるという謂れがある。つまり、上昇運に転じる日なのだ。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」を呼び込めるといわれている。
例えば、にんじん、だいこん、れんこん、きんかんなどなど、こういったものを運盛りといい、縁起をかつぐ意味からきている。

ではなぜ、冬至にかぼちゃを食べるのか。
そこには漢字が関係している。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうということを示しているからだ。
かぼちゃは、ビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的。
本来かぼちゃの旬は夏だが、長期保存が効くことから冬に栄養をとるための賢人の知恵であった。

また、冬至といえば柚子湯が欠かせない。
柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。
こうしたロゴ合わせから柚子湯に入ると思われがちだが、もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊だと考え方が正しいようだ。
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのものにはじゃ家がおこらないという伝えもある。
また、柚子は実までに長い年月がかかることから、長年の苦労が実りますようにという思いが込められているという。
端午の節句の菖蒲湯も同様だ。もちろん柚子湯には血行を促進して冷えを緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もある。
さらに、芳香によるリラックス効果もあるので、寒い冬を越すために、冬至だけにとどまらず大いに活用してもらいたい。
(地域ライター こよみ)

関連記事

  1. 全国13ホテルで「ブイヤベース& ビーフステーキフェア」開催

  2. 食欲の秋なのに食欲がない「秋バテ」対策の食べものは…

  3. おせちの始まりと歴史をチョット